変形性頚椎症

変形性頚椎症(頚部脊椎症)の症状

変形性頚椎症の場合、初期症状の場合、肩こりの痛みや首の痛みなど
たまに運動をして身体を使いすぎてしまったあとにでる症状と
似ていることもあり、わかりにくい為、無自覚の場合もあります。

 

初期段階がわかりにくい為に、症状が進みに連れて、肩・腕の痛みからしびれに
変わり首以外にも後頭部に痛みが現れてきます。

 

重度の症状になると、手のしびれが進み湯呑を持つことも困難になることもあります。
その他にはボタンかけなどの手先を使う作業にも影響を与えます。

 

また、手だけだった症状も下半身にも影響が出てくることもあります。
足のしびれやけいれんなどの歩行障害に加えて排尿障害のような
症状も現れてきます。

変形性頚椎症(頚部脊椎症)の原因とは?

変形性頚椎症の原因と言われているのが、首を支えている頚椎の老化が原因と考えられており、
頚椎にある頚骨と頚骨間のクッションとなっている椎間板がすり減って薄くなることも原因になっています。

 

椎骨に、骨の疲れや老化による骨棘が表れ、脊髄や神経根の神経などを
圧迫してしまうことが原因とも言われています。

変形性頚椎症(頚部脊椎症)の症状関連ページ

症状
頚椎症の症状とは?どのような症状を言うのかご説明しております。あなたの症状と当てはめて見てください。
ストレッチ
頚椎症の治療法で話題のストレッチの最新情報をご紹介しております。
薬・サプリメント
頚椎症の薬・サプリメントをご紹介しています。
手術について
頚椎症の手術についてご説明いたします。
枕について
頚椎症の症状と枕の関係性を考え、頚椎症の改善を早めて行ってください。
マッサージ
頚椎症にはマッサージは効果的だと言われていますが実は・・・・。