頚椎ヘルニア ブロック注射

頚椎ヘルニア ブロック注射

頚椎ヘルニアへのブロック注射は神経圧迫による痛みを緩和させる効果があります。

 

ですが、やはりでてきた症状に対する治療をする『対症療法』ですので、
根本的な原因を取り除いたわけではありません。

 

効果がある分、定期的にブロック注射を打ち続けながら
手術や別の改善方法を試すことも必要だと思われます。

 

頚椎ヘルニアのブロック注射の副作用としては、
注射による痛み、出血、感染、アレルギー、神経障害などがあります。

 

副作用的には、薬の副作用と比べると比較的少ないと言われています。

 

ブロック注射を使いつつ、根本的な原因の改善する方法も試して行くことも
考えることも必要でしょう。

 

>>頚椎ヘルニアの専門家が教える自宅でできる改善方法はコチラ

頚椎ヘルニア 神経ブロック注射関連ページ

症状
頚椎ヘルニアの主な症状をご紹介しております。
ストレッチ
頚椎ヘルニアのストレッチについてご紹介していおります。
手術について
頚椎ヘルニアの手術のリスクについてご説明しています。手術に踏み切る前にご覧ください。
再発について
頚椎ヘルニアの手術で気になる再発の可能性があるのかご説明致します。